2011年3月 弊所と日本国際貿易促進協会は2011年3月、『中国労務管理の手引ー実例に学ぶ』の出版記念セミナーを共催した。

 

  2008年の『労働契約法』公布後、大量の労働争議が発生している。また、労務人事管理面における企業への要求は更に高くなっている。これに加え、近年は集団性の労働紛争が頻発し、労働問題は企業の最も注目するところとなっている。こういった状況を踏まえ、弊所と日本国際貿易促進協会は『中国労務管理の手引ー実例に学ぶ』を共同出版した。

 

  本書は、弊所の弁護士が長年の法律サービス過程で解決してきた典型的実例及び社会で注目を受けた実例を挙げており、非常に実用性のあるものとなっている。また本書の監修者は、華東政法大学の董保華教授である。董保華教授は、『労働契約法』の立法諮問の専門家であり、『労働法』及び『上海市労働契約条例』の論証及び起草業務に参与されており、本書の編纂にあたり有意義な指導を頂いた。

 

  3月22日、本書の出版を記念し、弊所と日本国際貿易促進協会は上海世貿商城にて労務管理セミナーを共催した。今回のセミナーでは、華東政法大学の董保華教授、弊所の茅瑋民弁護士が講座を担当した。内容はベストバイ中国撤退による労働問題、自動車製造企業従業員のストライキ事件、沿海地区の労働者不足など昨今注目されるものに及んだ。また、実例を紹介・分析し、現代雇用危機時代における企業の各類労働争議処理について解説した。これらは、現在注目される労働問題に焦点を当てた実用性ある講義となり、参加者の好評を頂いた。

 


(参加者)

(董保華教授)

(茅瑋民弁護士)
 
利用者は本websiteを閲覧する前に、必ず「website利用規則」を読みかつこれに同意するもの
とする。利用者が本websiteを閲覧する行為およびあらゆる方式を通して本websiteを利用する行為は、全て「website利用規則」に対する異議無しの認可と見なすものとする。

Copyright @ 2001 YISHI Law Firm All rights reserved. 毅石法律事務所 版権所有者| Email:yishilf@yishilf.com